復習登山。
2005.10.02 西秩父 二子山 中央稜

以前、S師匠達に連れて行ってもらった山へ、もう一度ダーと二人で。
そして山頂までを目標にして復習登山。
a0016346_20153355.jpg

いいお天気で暑かった...
a0016346_23502186.jpg





am8:00頃取り付き。いよいよ二人だけで登ります。どきどき。
登り始めると後ろから2人組のパーティが。
a0016346_19573199.jpg

・1ピッチ目は最初のフレークも早く登れました。
(二度目なのに成長してなかったらヤバイか。)
a0016346_20144128.jpg

・2ピッチ目。なぜだか体力的前回より辛いぞ~なんでだろ~。
ダーはリードさくさくがんばってます。
a0016346_20181336.jpg

・核心部の3ピッチ目。
A0ですが前回より早く登れました。でも後続パーティは早くて追いつかれちゃいました。
A0しないで登れるようになりたいですね。
ダー3ピッチ目の途中で下を撮影。ビレイヤーの私が小さく写ってます。
a0016346_20222533.jpg

3ピッチ終了点のテラスで一休み。後続パーティの方も一休み。
ベテランの方でいろいろと話を聞かせてもらいました。
削られなくなってしまった石灰岩の山がそこにある話しなども。
ひどいですね。当初は二子山もその対象だったそうです。
しかし、石灰岩の質が余りよくなかった為にターゲットからはずれたそうです。
なくなった山。残念です。上まで登るとその跡地が見えるそうです。

・4ピッチ目を見上げる。先ほどのパーティに先に行ってもらいました。
後ろがいるとあせっちゃいます。(小心)
最後のかぶり気味までは何もないです。最後の乗り越えがちょっと考えちゃいます。
a0016346_2046280.jpg

4ピッチ終了点より。いいお天気。いい景色。あっつう~。日差しが夏バリにジリジリ。
a0016346_2047124.jpg

・5ピッチ目ダーとっとと登って行っちゃいました。
a0016346_20545733.jpg

なれないダブルロープで絡まっちゃうんですよね。あわてちゃいます。
途中、(中央あたり)上まで登りすぎると左手のしっかりしたホールドがなくなりあれれ?
ダーに聞いても上からは何も見えないそうで。
一段さがってトラバースすると楽に行けました。
a0016346_213737.jpg

ビレイ点からの景色。
a0016346_20562534.jpg

・6ピッチ目
途中、右か左か悩む場所に。ダーは右に。
途中、飛び出した岩を巻くように行くのですが、なぜかダー、ダブルのスリングが
一緒にクリップされてしまっていてあれれ?苦しい場所でバック。
何でこうなったのか不明なまま体力をかなり消耗。
1箇所支点があっただけで終点までなし。右でよかったのかは不明なまま。
飛び出した岩を巻くところ。ちょと怖かったです(^^;
a0016346_2181043.jpg

そんな私をビレイ中のダー。
a0016346_2195585.jpg

6ピッチ終了点。あとは普通に登れる場所。ちょっと安堵。
でも気は抜けません。
a0016346_21162789.jpg

眺めもいいですねー。
a0016346_21154774.jpg

・最後7ピッチ目。気を抜かずでも景色見ちゃいます。
a0016346_21194017.jpg

稜線に到着。
a0016346_21241555.jpg

あ、見えます。質が良かったがために切り崩され跡形もなくなった山の跡が...
無残です。もう二度とやめてほしい。でもウチのセメントになってるのかな。。。
歯を削られたような跡。でも綺麗な白色。
a0016346_21224621.jpg

山頂は見えるので稜線を10分ほどテクテク。
a0016346_21242265.jpg

山頂。
単独の男性が一人いました。地元の方で、昔は削られた今は無きあの山も登ったそうです。「いい山だったのに...」悲しげな一言でした。
a0016346_21263213.jpg

帰りは一般道を降ります。
登ってきたルートを振り返り見ます。後続のパーティが登っています。
a0016346_2133517.jpg

初心者コースとはいえ油断は禁物。鎖も沢山あり、何よりも粘土質の土が
湿っていてよく滑ります。靴をめり込ませて下ります。
時折出ている石灰石はぬれてつるっつるです。
カエルだって登山道に出現。
a0016346_2133367.jpg

アプローチが短いのであっという間に登山口にかえってきました。
駐車場は朝は自分達しかいなかったけれど、すでに5,6台停まってます。
a0016346_21351794.jpg


なんとか二人だけで復習ですが無事戻ってこれました。
取り付きも前回師匠達と来たので間違えず到着できてよかった。
ほんのすこ~しだけ自信が付きました。
もっと体やわらかくしなくちゃ。体つったりしまくってましたから(笑)

帰り道にダムの売店で絵本が売っていました。
あの無くなってしまった山の絵本でした。
「魚になった○○山」と表現してあったかな。
中を見ると両神山と山同士、会話をしていてその山は泣いていました。
山の名前思い出せない...
by kuchakucha | 2005-10-02 23:52 | アルパインとか
<< 1日目 秋の涸沢カールへ。 2005 秋キャンプ行ってきました。3日... >>