<   2005年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
pica西湖にて キャンプ
2005.04.23~24
■1日目。
朝からチェックイン。良いお天気です。まずは兄ファミリーと合流。
初めてのリビングシェル連結。なんとかできました。
a0016346_21365863.jpg

WダッチでパンをW焼き。(片方は二次発酵中)
a0016346_21392569.jpg

姉ファミリーと合流。一気ににぎやかに。
a0016346_21412656.jpg

こらこら、またいではいけません。
a0016346_21424316.jpg

まつぼっくり屋さんごっこらしい...なぜか正座。
a0016346_2144543.jpg

「はい、まつぼっくりあげる♪」
『あ、ありがとう...』
a0016346_21455794.jpg

あっという間に夜になっちゃったね。大人数の夜ご飯。作るのはやはり時間かかりますね。
a0016346_21475048.jpg

夜の宴もそれなりに、夜食恒例の「トラメホットケーキ」もそこそこにあわててお休みなさい。
夜はやっぱりだいぶ冷えます。標高900mですから。裾野ですから。

■2日目。おはよう。
寒かったね。外に出たらテントも皆霜がついてたね。やっぱ富士五湖だよ。
a0016346_21534251.jpg

じゃー記念撮影。ち、近すぎるよぉ。レンズからこっち見ないで。ママ(姉)にそっくりだね。
a0016346_21544599.jpg

今度こそ。
a0016346_21555672.jpg
11時までしかいれない。(この時期はやはり延長できないって言われちゃった。)
あわてて朝食作って食べて、大慌て。1時間ですべて撤収完了。
本気出せばできるじゃないですかぁ。

11時チェックアウト後、気を取り直して精進湖畔にて昼食。
トラメのホットサンド、ホットドッグ作って食べたね。
子供たちのフルパワーに振り回される大人6人。すごいねぇ。でも楽しかったね。
またやろーね♪
by kuchakucha | 2005-04-26 21:48 | キャンプ | Comments(6)
pica西湖にて 子供たち。
可愛い姪っ子達。キャンプでは大騒ぎだったね。

奏海(かなみ)小学2年生。 ひめさま♪
a0016346_2491932.jpg

萌乃夏(ほのか)2歳。 芸人魂!
a0016346_2512892.jpg

心暖(ここの)2歳。 暴れん坊娘
a0016346_2533555.jpg


キャンプブログは後日。
楽しく忙しい週末でした。(^^;
by kuchakucha | 2005-04-26 02:56 | キャンプ | Comments(2)
ごろんちょん。
クー助いっつもこんなスタイルで寝ています。平和なやつです。
a0016346_2319468.jpg

GWはどこへ行こうか考え中。。。
直前まで長期休暇滞在先を迷えるのは山ならではですね。
テントなら予約なんて要らないし。体調を整えるだけです。
あ、今週は2日間も連続で飲みに行っちゃった。
なぜか逆に体調良好です...ストレス解消か。
by kuchakucha | 2005-04-20 23:18 | 猫たち | Comments(3)
4月の南八ヶ岳 硫黄岳~赤岳へ 2日目
■2日目赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~赤岳(文三郎)~赤岳鉱泉~美濃戸山荘

おはよう。今回はとても静かなので30分寝坊。
4:30にヘッドランプを点けて出発です。

だんだん明るくなってきた。
a0016346_2034720.jpg

まだ雪はがりがり状態でアイゼンで登りやすい。
今のうちにサクサク登っておこう。
a0016346_20364358.jpg

太陽がでてきたよ。やっと明るいね。
これは今日はお天気よさそう。
a0016346_20392958.jpg

今日も青空!青と白。
a0016346_20414122.jpg

自然の芸術品は2週間前とまた違う作品を作ってた。きれい。
a0016346_20453934.jpg

遠くのアルプスも見えるよ。
a0016346_2049255.jpg

雲海。神様きぶん...
a0016346_2052989.jpg

うんかい。
a0016346_20523365.jpg

硫黄岳山頂。誰も居ないね。雪もなし。風はそこそこ。今日は行けるっ。
a0016346_20551794.jpg

横岳へ。
a0016346_20563637.jpg

今回は風の通り道も無事通過できたね。
二本足で歩けるくらいの強風。
前回の四つん這いとはぜんぜん違った。
a0016346_2103430.jpg

ロープ持って行ったけどあまり必要なさげだった。
今日はお天気もよくって良かったね。
とりあえずロープ着けるせっかく持ってきたんだ。
やはり一般道はちゃんと鎖付いてるから見た目より安全。
a0016346_2192150.jpg

横岳山頂。見た目怖そうだけど、
a0016346_21134141.jpg

実際はこんな感じです。
a0016346_21155969.jpg

横岳山頂。
a0016346_21164696.jpg

次は赤岳へ。結構日陰はカリカリの氷。しっかりアイゼンワークして。
a0016346_2119726.jpg

油断してるとスポッと腰まで沈んじゃいます。こんなところばっかり。
ダーと二人で落とし穴にはまっては這い出て。
a0016346_2121426.jpg

a0016346_21222399.jpg

おっ。あれは赤岳山頂ではないかっ。
こんなところに雪が積もってるんだ。2月に来た時より雪が断然積もってる。
a0016346_21265193.jpg

帰りは文三郎尾根より下ります。
人も少なく良いお天気だね。お決まりシリセード。
a0016346_2131264.jpg

赤岳鉱泉に12:00頃到着。
縦走を完了して満足げにテント撤収して北沢をグリセード♪
バイバイ~。
a0016346_21353442.jpg

今回は二人してハナミズをたらしながら登ったね。
今までで一番体調的に辛い山行だった。
久々に頭も痛かったなぁ。こんなときは家で休んでいるのがいいのかもしれないけれど、
やっぱり山の景色が一番のお薬。

「首痛い~」「頭痛い~」とウダウダ登る私に終始付き合ってくれたダーありがとう。
もっと頑張ります...
by kuchakucha | 2005-04-11 21:42 | yamaたび | Comments(6)
4月の南八ヶ岳 硫黄岳~赤岳へ 1日目
2005.04.9~10南八ヶ岳硫黄岳~横岳~赤岳へ

■1日目美濃戸山荘~赤岳鉱泉(テント泊)
先々週の強風による撤退からのリベンジ。
どうしても納得いかず、今度こそはともう一度。今回は風も穏やかでありますように。

お天気がとにかく良い。ちょっと歩くと暑いくらい。
ちょうど一年前に硫黄岳へ行ったときはもっと寒かったのになぁ。
a0016346_207522.jpg

ダーなんて半袖。
a0016346_2084458.jpg

沢の水量がかなり多い。
a0016346_20112684.jpg


今日は二人して風邪をひいてます。
私は前日に首ギックリをやってしまいました。上向くの辛い...
ザックが肩を押すと痛い...でもどうしても硫黄~赤に行きたかった。
こんなにお天気はいいのに、この少しのアプローチが辛かったなぁ。
a0016346_2017455.jpg

赤岳鉱泉到着。
a0016346_20194666.jpg

今日はひさびさに軽いテント。トレックライズ。
a0016346_2021027.jpg

登山道も今日は人が少なかった。
テント場は4張のみ。静かでいいですね。
夜は沢の音だけが響き渡り、なんだか癒しの夜ですね。星も恐ろしく綺麗だったなぁ。
a0016346_20243634.jpg

明日は3:00起きだからおやすみ。20:00に就寝です。
by kuchakucha | 2005-04-11 20:28 | yamaたび | Comments(2)
しろちゃん、ぎんちゃん さようなら。
2005.03.28
雨の降る中、ついにXJR400S&XJR400Rがドナドナされてゆきました。
a0016346_0345924.jpg

近頃は山ばかりでついついバイクは忘れ気味。というか乗る時間が無くなりました。
うちにはバイクが3台あります。人間は2人です。
保険、税金、車検...かさむ出費についに決断の時がやってきたのです。
このままではバイクもかわいそうでいつも胸を痛めておりました。
ついにさよならです。

XJR400S。どうしても白いバイクが欲しかったあの頃(H6)、バイク雑誌ばかり読んでました。
そして台数限定のあの広告。あまりのかっこよさとバイク好きの兄のそそのかしに乗り、
3日後にはバイク屋さんへ...自分にしてみれば憧れのバイクだったのです。
a0016346_0535761.jpg

XJR400R(2001)
私としてはどうしてもXJRが好きだったようです。
しろちゃんの調子がどうも悪く、(放置したせいなの)もう自力では直らないと肩を落としていた
頃、ユーメディアで出会いました。ぎんちゃんはスマートなしろちゃんとまた違い、ごつかった。
a0016346_057295.jpg


走馬灯のように自分を守ってくれたバイクたちとの思い出が蘇りました。
転びそうになったとき、持ち直してくれた。それだけで信頼感が生まれてた。
苦楽を共に、大転倒も一緒に何度も痛み分かち合った。
a0016346_1115232.jpg

旦那様のFTR223を1台残し、我が家からYAMAHAコンビが居なくなりました。
バイク王ドナドナ号に乗せられ去ってゆくとき、初めて自分のバイクに手を振りました。
『しろちゃん、ぎんちゃんありがとう。幸せになってね。』
本当は泣きそうだった...
by kuchakucha | 2005-04-02 01:02 | バイク | Comments(4)