カテゴリ:アイスクライミング( 13 )
kuniへ。
2008.2.16

一年ぶりのアイス。そしてkuni。
a0016346_10203679.jpg

a0016346_10204634.jpg


今回は食べ物の写真の方が多いよ。

続きはこちらです...
by kuchakucha | 2008-02-19 10:43 | アイスクライミング | Comments(9)
Ice EXtreme Kuniへ。3
2007.2.24
また行ってきました。
今日はNさん&にこちゃんず。にこちゃんずとは現地で合流。
5:00amに出発したものの、複数の事故で渋滞の嵐。kuniに到着したのが11時頃。
3時間のはずが6時間も掛かってしまいました。。。
しかも到着するなり雪。今日はかなり寒いです。
a0016346_2222468.jpg


続きはこちらです...
by kuchakucha | 2007-02-26 23:25 | アイスクライミング | Comments(2)
松木沢・黒沢 アイスクライミング2007
2007.2.17
今年も行ってみました。
F4までちゃんと凍っていましたよ。
ただ去年より氷が柔らかく打ち込みやすかったです。
雪も去年より少なかったです。
a0016346_058583.jpg


銅親水公園P~黒沢F1~F4~銅親水公園P

続きはこちらです...
by kuchakucha | 2007-02-20 00:25 | アイスクライミング | Comments(4)
Ice EXtreme Kuniへ。2
2007.2.3
登り隊の方々と一緒にkuniでアイスクライミングしてきました。
やっぱり皆で登ると楽しいですねぇ♪
気温も高い。2週間前に来たときから発達している感じはあまりしないです。
登ると氷壊れちゃいますしね。出来ては崩れての繰り返しなのかなぁ。
a0016346_23442287.jpg

登りに来ている人はそれなりに居て、
右面には各パーティが2本ずつロープを垂らしている。
私達が到着した頃には右面に1本しかTR張れませんでした。。。
でもそこは譲り合いと言うことで使っていないルートは使わせてもらうことにして、
なんとか5人でローテーションして楽しめました。

続きはこちらです...
by kuchakucha | 2007-02-06 00:40 | アイスクライミング | Comments(4)
Ice EXtreme Kuniへ。
2007.1.21
氷を求めてIce EXtreme Kuniへやってきました。
開店の9:00に突入。すでに人が数組入ってました。
予想以上の大きさにドキドキ。
a0016346_23342638.jpg

初めは大きさと、登りに来ている面々の凄さに圧倒されていたけれど、
登ってみると楽しくて仕方ない!初級者でも楽しめる場所でした。

続きはこちらです...
by kuchakucha | 2007-01-23 00:19 | アイスクライミング | Comments(4)
今年初の湯川へ。
2007.1.20
少しは登れるらしい情報があったので湯川へ行って見ました。
が、停まってる車3台くらい。
でもこれらはクラッククライミングの人のものだったようです。
去年の同じ時期とは全く違い、氷がしょぼい。雪が多いですね。
気温も高く、ダウンジャケットの出番なし。
昨年はもっと寒がっていたのに。
a0016346_2253388.jpg

すぐ上にはクラッククライマー
昨年にはこの時期見られなかった風景だなぁ。

続きはこちらです...
by kuchakucha | 2007-01-22 23:27 | アイスクライミング | Comments(2)
シャワークライミング? in 湯川。
2006.2.18~19
気温の上昇が続き、もう終わっちゃいそうな湯川へ。
この週末は赤岳鉱泉アイスコンペがあるので空いていたかもしれません。
勢い付いて2日間、朝から夕方まで登り続けてきました。
リハビリ?!のつもりだったんだけど...楽しくて...疲労コンパイでも大充実。
a0016346_22303467.jpg


乱菊エリア  びしょ。
a0016346_21515650.jpg

崩落がつづいています。どこもシャワー状態。びしょびしょになりながら。
a0016346_21155372.jpg

修行の滝
シャワールームになってます。もう登れないけれどビジュアル的にグー。
a0016346_22143012.jpg

ダーは相変わらず登るのが早いので写真が撮れない...
自分もあんなふうに早く登りたいなぁ。上に着いちゃったよ。
a0016346_21301222.jpg

今回導入したダート。かなりいいです。モノポイントは初めてですが、違いが分かりました。
(ダートは独り占めして使ってました。ダーはガンバってサルケンで...もう返さないよ~)
a0016346_21162194.jpg

そして、ダーのレクチャーを受けてからムクムクと?!自分なりに上達(笑)いえいえ
でもこれ本当。突然以前より楽に登れるようになったんです。
一気に上まで登れました。それに毎週通った効果がでなくちゃ悔しいですよね。
a0016346_2116583.jpg

ミクロトワンソン
もう下が無いです。
日曜は比較的混んでいたので頑張って登っているグループがいました。
a0016346_2151944.jpg

白髪エリア
左岸は陽が当たるので崩落が激しいです。結構びびりました。
ばちゃばちゃ!
a0016346_21522429.jpg

足元が割れてる。
a0016346_21541550.jpg

もう直ぐ氷の橋も渡れなくなっちゃうのかな
a0016346_21551893.jpg

右岸は日陰なのでまだ氷が固めです。
それでも場所によっては氷の下を水が流れていたりします。
乱菊エリアよりはもちろんいいです。
a0016346_22504310.jpg

a0016346_21384692.jpg

リハビリのつもりで行ったけれど、もう夢中。楽しかったです。
続く気温上昇の影響はだいぶある様子。
a0016346_22311676.jpg

まだ終わってほしくない。
もうすぐ、また春が来るんだなぁ。
by kuchakucha | 2006-02-20 21:39 | アイスクライミング | Comments(18)
松木沢・黒沢 アイスクライミング ~登攀編~
2006.2.4  F1~F3 

アイスでの初マルチピッチ。
今日は自分達の他に1組のみ。マイペースで登れ、静かでとっても良かったです。
写真はF2
a0016346_224011.jpg

am10:20 F1取り付きのあたりで準備を整え出発です。
丁度先行パーティがF1を登り終えた頃でいい間隔で登っていけそうですね。
F1は下は雪で埋まり、そのさきもゆるそう。
ダー行ってらっしゃい。ここはノープロテクションで。
思ったより氷は硬く、そして思ったよりも高度感があった。
a0016346_2245169.jpg

F2を登る先行パーティ
こちらは傾斜がそれなりにあります。ドキドキ。楽しそう。
a0016346_2372349.jpg

F1終点からF2取り付きまでは少し歩き。
ダーリードで登ります。スクリュー打ちながら。
アックスを1本落とすアクシデント発生。
しかし、ダー1本で登りきっちゃったよ。大丈夫かい。
a0016346_2313268.jpg

自分フォロー F2の落ち口。あと少しだ。
練習には適度な傾斜と長さで楽しい。氷硬い。
a0016346_23145776.jpg

F3を見上げる。
先行パーティが登ってます。ここは落ち口のつるつるした氷にアックスを打ち込むと
ばらばらと激しく落氷が。凄いので横で待ちます。
a0016346_23252181.jpg

ダー リード。シャキシャキとスクリューを込めてゆきます。
下からは余裕で登っているように見えたのですが、実は足がパンパンだったらしい。
やはり抜け口からの落氷がすさまじい。下にいられない。バシバシガンガン全身に
落ちてきます。ビレイしながら左端に避けたけれど、落氷は砕けて避けても避けられないよ。
いたいたっ。
a0016346_23304749.jpg

自分フォロー。
傾斜は緩いのですが、それゆえに足で立ちこむことが多く、
ふくらはぎはもうパンパン。しかもF3は40m。
上でビレイをとると50mロープいっぱいいっぱい。
つるつるの氷で引っ掛ける場所なんて全く無い。ひたすら打ち込む。でも硬い。
フォローなのに上につく頃には疲れきってました。
F3一番辛かったです。足が耐えられないって言ってるのに耐えさせてるって感じです。
傾斜の緩さに甘くみていました...
a0016346_23374248.jpg

雪はだいぶ降ってる状態です。
先行パーティはF4の様子を見てくると言って行ったきり。きっと登ってるんだろうな。
自分達は時間的にもここまで。懸垂でおりま~す。
古いリングボルトやサビサビのハーケンを見て「げっ」と思ったけれど、
雪に埋もれたハンガーボルトを発見。穴まで凍ってる...砕いて早速懸垂。
a0016346_0134692.jpg

お先に。
a0016346_2341136.jpg

F2の懸垂。ダー途中で止まってるけど どうしたの?
a0016346_235065.jpg

あ、これを撮影してたんですねぇ。わーキレイ♪水あめみたいだね。
a0016346_2354363.jpg

F1は右岸からまいて降りれました。pm1:50頃。
自分と先行パーティは下に荷物をデポしてました。
雪はまだまだ降っていたけれど、埋もれることも無くぶじ。雪はさらさら。
続いて上から降りてきた先行パーティの方2人組としばし楽しくトーク。
会津からやってきたんだそうです。

さて帰ります。pm2:50頃。
雪は降ってるよ~誰も居なくっていい感じです。
a0016346_23593042.jpg

だんだん戻るにつれて雪は止み、雪も減り、日差しが。
谷間をテクテクと1時間歩くだけでこんなに気候が違う。
後ろを振り返るとやっぱり向こうは真っ白できっと雪がまだ降り続いてるんだ。おもしろいね。
a0016346_03373.jpg

帰りも鹿の群れがウヨウヨ。鳴いてアピールするからすぐ存在に気づく。
のんきに道を歩いていた鹿は私たちを見て焦ったのか凍った道でスッテンコロリン~。
鹿もやっぱり氷で転ぶんだ...即座に起き上がった鹿は少し気まずそうにこちらを見たそうです。
多分『見たな~』だと思います。
氷には蹄のスリップ痕が...鹿さん最後に笑いをありがとう。

いつのまにか青空が見え始め、最終ゲートを経て駐車場に到着。 pm4:20
駐車場前にはまた煙害をだした足尾精錬所跡。
充実した1日の最後に見たそれは行きに見た時よりも印象が変わっていました。
不気味だったその佇まいは何故か、なぜこうなってしまったのという切なさとそれでも残った素晴らしい情景への感動に。
a0016346_03081.jpg

初級マルチピッチにぴったりな黒沢。とっても楽しかったです。
これくらいのアプローチならまた来たい。色々と気持ち的にも充実させてくれる場所でした。
人が少なかったのも嬉し。 でも遠い...


行きにのんびり歩きながら見た砂防工事現場や治山の計画を解説する看板。
今の人たちは頑張ってる。山や木々も頑張ってるんだ。
その中の隙間に少し入らせてもらった今他人事ではなくなった。
氷や脆い岩肌に触れた事で今まで知らなかった土地の様々な過去や目指す未来が
とても伝わってきたから。
a0016346_0351636.jpg

どこの土地に行ってもこんな風に思えたらいいのにって思った。
by kuchakucha | 2006-02-07 22:49 | アイスクライミング | Comments(4)
松木沢・黒沢 アイスクライミング ~アプローチ編~
2006.2.4  砂防工事現場ばかりだけれど、それなりに景観を楽しめるアプローチ

本にも載っているので人気のルート。
しかし、車で入れるゲートが遠くなりアプローチが1.5hになってからは
すっかり人が減ったようです。(現地で会った方に聞いた話です)
アプローチでは鹿と工事現場の人にしか会いませんでした。
大迫力の岩稜帯がひたすら続く道は予想外で驚きです。
さすが日本のグランドキャニオンです...
a0016346_2228915.jpg


am7:50 最初の真新しいゲート付近の駐車場に車を停めて出発です。
駐車場からは廃墟と化した足尾精錬所が見えます。
風化しながらも「昔」が風に揺られながら残っているのがなんだか不気味です。
足尾銅山。はじめの公害だって言われてますね。水の汚染や、
その過程で出る煙害(ガス)による強烈な酸性雨。
それにより木々は枯れ、植物を失った山は土が流れ、岩肌が全て露出してしまったという話。
今では「治山」と言って山を元に戻す作業がひっきりなしに続けられているようです。
a0016346_2136272.jpg

アプローチは1.5hくらい。ゲートの隙間を通り抜けて。
a0016346_21365850.jpg

ゲートの向こうはしばらく砂防工事が行われてるエリアを通り抜けて行きます。
砂や石を運ぶトラックとすれ違ったりして...
a0016346_21401473.jpg

真っ黒な山がっ。これって銅山での作業で出された残り物らしいんです。まっくろ。
a0016346_2141599.jpg

現場 現場~。ダーは悪者と対決する場所だって言ってたけど...
a0016346_21434939.jpg

だんだん、枯れた草木がでてきたら鹿の群れが沢山。
お尻が真っ白でふわふわしてて、なんだかおもしろい。
a0016346_21524111.jpg

道は凍っています。しかの足跡だらけ。
a0016346_21534617.jpg

2個目のゲート。こちらが昔からのゲートのようです。
このゲートを過ぎたあたりから急に雪がふえます。そして岩稜が広がります。
a0016346_21555283.jpg

おっ。ジャンダルム 大迫力です。
標高の高い場所に来た気分になれます。実際は1000mくらいなのかな。
a0016346_2159210.jpg

しばらく行くと落石多発地帯に突入です。
a0016346_2211291.jpg
とにかく落石だらけ。危険です。どこまで歩いて進んでもラク~っ。
ちょっとドキドキしながら。
a0016346_2215972.jpg

おっ親切。
a0016346_22192148.jpg

これから向かう先は真っ白。きっと雪が降ってる。
a0016346_2220866.jpg

雪がどんどん増えてきた。雪も降り始めてきたよ。
a0016346_2264516.jpg

a0016346_2294794.jpg

大迫力岩稜。
a0016346_2273246.jpg

落ちそうなバランス岩をはるか上に発見。こわっ。
a0016346_2285411.jpg

いよいよ、黒沢に到着。対岸から見えるF1~F3
先行パーティが登攀準備してる。
a0016346_22112179.jpg

少し進んで川を渡ります。
少し進んだところ。どこまでも大岩稜。どこまでいっても大迫力。
a0016346_22122935.jpg

am9:30いよいよです。
by kuchakucha | 2006-02-07 22:13 | アイスクライミング | Comments(4)
湯川で再び アイス。
2006.1.29 
バイザーも到着し、また湯川に行ってきました。 ワンパターンですね...
でもそれくらいいい場所なのでまた行きたい位です。
先週の口の怪我はまだ痛いですがほぼ復活です。 今は、体中が痛いですー。
a0016346_2244161.jpg


続きはこちら...
by kuchakucha | 2006-01-30 22:54 | アイスクライミング | Comments(10)