フクベボルダー2008 (1)
2008.4.19

メンバー:SNGさん、NTKさん、ICRさん(5名)
6時間を掛けて到着したふくべの森。
噂どおり、いやそれ以上のかぶりっぷりだった。
他のメンバーはめちゃ強いので楽しめそう。
弱い自分が遊べるのか...と思ったが意外にもそれなりに楽しめた。
a0016346_1646229.jpg
フクベへ向かう道中は雨。絶望的な気分の中、
当たらない天気予報を信じ美濃に到着すると雨は上がっていた。
夜中に到着し、テントを設営。他には誰も居ない。
朝起きると素晴らしい晴天。
a0016346_1646426.jpg









駐車場から近いエリアへ。

≪枕岩≫
皆のお目当ての  ピッコロ 1級 はスタートがびしょびしょ。足元も川になっていた。

5級スラブ課題でアップ
暑い。
a0016346_16464099.jpg
日当たりのいい道側の 1級を皆で登る。
スタート直後からいきなりトゥ。これがかからない。何度やっても落ちた。
a0016346_16465169.jpg

SNGさんたちはそこから進んでたな。でも凄く疲れる。

≪砦岩≫
バナ 1級
高い!うす被りにクラックが走る課題。
上はつるつる。下部も難しそうだけど、なんと言っても上つるつるのマントルが恐怖。
マントルで落ちたらかなりヤバイ課題。
何とか途中までいけそうだったけれど、核心は苦手なマントル...
もっとマントルの修行を積んでからにします...(落ちて怪我でもしたらヤバイ)
a0016346_16471949.jpg
4人はそれほど苦戦せずこれをRP!
実力のあるメンバーだから当然か。でもさすが!の一言だった。
それにしても怖い。
a0016346_1647349.jpg


≪兜岩≫
皆が初段を登っている中、NTK先生にいい課題を教えてもらい隣の岩で登った。
マイケル大佐 3級
カンテ沿いに上がり、最後はヒールを掛けてあがる。
下には岩が待ち構えていて恐怖。何便も出した。どうしても思い切れない。怖面白い。
カンテで体力も奪われ終了。またやりたい。でも何時来ることやら。
ダーはもちろん1便目で完登。
a0016346_1648022.jpg

a0016346_16481469.jpg


皆が登ってた初段フクベの基本か。出だしの足が無い。
a0016346_16482664.jpg


上流・川エリア
≪雨上がりの岩≫
雨上がり 1級
これも辛い。
きついスタートから1手、次の手を出すので精一杯。
すぐに落ちた。その先もカチカチでランジ?!とにかく遠い!
あっという間に日が傾きだし、肌寒くなってきた。
a0016346_1649958.jpg


≪ミニハイカラ岩≫
帰り際に物色した。パワー、時間残次第で明日くるのかな。
a0016346_1649241.jpg



夜は「うだつの上がる町並み」を見学した。
美濃の町はまるで時が止まっているよう。全員があの頃思い出したに違いない。
どうかこの町は変わらないで欲しい。
SNGさんが目をつけた”ニュー柳屋食堂”へ。大衆食堂という感じだ。
お店はとても賑わっていて、しばらく待たされた。
おなかも空いて、昨夜からの疲れも出てくる頃。
ICRさんを現世へ引き戻すのに大変だった。w
a0016346_16493892.jpg

このお店のおすすめは豚「とんちゃん」これに野菜セット、肝、さがり。
生!ビールに合う。
目の前の鉄板でお店のおばちゃんがすべて焼いてくれる。
鉄板を乗っけたりして。これがポイントか。
ピリ辛な味付けにビールが進む。ご飯も進む。
食後にお茶ではなく、水を出したというだけでお詫びされ、おまけをしてくれた。
太っ腹なお店だった。安いのに。来ることあったらまた来たい。さすがうだつの上がる町!
a0016346_16495278.jpg


気分が良くなった後はさらに明日の「うだつを上げる」為、町並みを見学。
なんともゴージャスな公衆トイレ。人気が無いのに...。町並みもそうだった。
うだつを見学しながら町を回る。
a0016346_1650637.jpg

a0016346_1715732.jpg


遠くに見えるお城へ行って見た。
ここも人気が無い。なのに照明は明るく、飲み屋台?も点在。営業しているようだ。
でもお客が居ない。不思議な光景だ。
a0016346_1651499.jpg

テクテク登って
a0016346_16511615.jpg

お城に到着。それは展望台だった
a0016346_16513360.jpg


手持ちでぶれてしまったが、山並みと町並みが素晴らしい。
a0016346_16514517.jpg

テントに戻って軽く宴会。
皆疲れきっていたけど、頑張って飲んでたw
明日は絶対天気いいね。
a0016346_16515731.jpg

金の鯱に月
by kuchakucha | 2008-04-22 16:52 | フクベ | Comments(8)
Commented by にこ at 2008-04-23 13:07 x
うだつ、そーゆーモンだったんですね。
クライマーがうだつを上げると
人口ホールドとか付いちゃいそう。w。

しっかし、遠いところまでの遠征、お疲れです。
いい所みたいだけど、ここで宿題作っちゃマズイよねぇ。
遠すぎるー。


近場で過ごした今冬。
お陰で、あれだけ通った小川山も
とてつもなく遠く思えてしまいます。
途中で倒れて、朝までに着かないかも。。。心配。w。
起こして。www。
Commented by おすぎ家P子 at 2008-04-23 22:45 x
ニアミス、してましたね~。ww。
我等は陶器市(瀬戸市)と桜見物(高遠)でしたけど。
翌日は湯河原で「まちゃこ様ご一行」に遭遇しました。www。
Commented by まちゃこ☆ at 2008-04-23 23:57 x
↑の方と同じで、今年は辿り着けるか不安ですw
なぜならば、去年は快適アウトバックさんにいつも連れてってもらってたけど(ありがとうごじゃりました。。)、
今年はベタ踏みフルスロットルな「軽」ですから~><;
でもでも、マットにロープにキャンプ用具に・・・荷物パンパン!夢もパンッパン!で向かいますよ~=3

フクベは遠いんですねー!
でも旅情緒も味わえてそれもそれで楽しそう♪♪
誰もいない屋台、千と千尋の神隠しみたい☆
Commented by まちゃこ☆ at 2008-04-24 00:00 x
そうそう!先日幕岩でおすぎ夫妻にお会いしました☆★
岩場を後にする最後の二組がおすぎ家ご一行とうちらでした~ww
Commented by kuchakucha at 2008-04-24 09:16
◆にこちゃん♪
そうなのよ~「うだつ」金持ちだけがあげられるらしいので、
私は見るだけだったわ~w
確かに人が居ないのに金がかかってる感じで
「うだつが上がってる!」を連初しましたぞ。タイムトリップしたような
町並み。よかったす~。
そうそう。私たちについてくるのは「ホールド」(;´Д`)
いや、それすら私から離れていくの~

ププ。いよいよシーズンinだねぇ!
覚悟はできてるわ!にこちゃんず現れない=途中で力尽きている
という法則は健在で安心しましたぞ。
久々に再会したらチャキチャキだったら(」゜ロ゜)」ビックリしちゃう。w
Commented by kuchakucha at 2008-04-24 09:25
◆おすぎ家P子さん♪
こんにちは~っ。なんとニアミスですか(゜Д゜;≡;゜Д゜)
陶器いいですね。私も陶器は大好きです!(でも全然詳しくない...)
本当素敵な陶器ばかり選んでいますね。可愛い~(>▽<)
陶器の中身にもしっかり目が釘付けですが...(;´Д`)

まちゃこ嬢も頑張ってますね。GWで外岩成果を見せ付けられそうです。
幕岩、そろそろ暑そうですね。フクベも暑かったです~。
Commented by kuchakucha at 2008-04-24 09:32
◆まちゃこ嬢
おっ、小川山行く気マンマンだね!よかった。
確かに遠い。でもウチには自動運転装置があるから(゚∀゚)!
機会があったらまたあのメンバーで行こう。
タイガもヨダレを待ってるみたいw

そうそう、ボルダーもルートも。小川山だと欲張るので荷物満載だ。
その分、楽しみも満載ってことだよね!

本当そんな感じ「千と千尋の神隠し」状態だったよ。
ひとけがないっ。なのに屋台がいくつも明るく営業。不思議だったな。
フクベ遠いけど、被っててヒゲ氏は好きかもな~。
Commented by kuchakucha at 2008-04-24 09:33
あ、相変わらず岩は最後までなのね。
ヘッドランプ忘れてない?www
<< フクベボルダー2008 (2) 御岳ボルダー (10) >>