小川山 2007(18) カモシカ登山道を行く
2007.11.18

日ごろの睡眠不足を週末の廻り目平で取り戻す。
皆朝からワサワサ。本気なんだ。早いよね。
ダーも飛び起きてご飯を食べマットを持って直ぐ居なくなった。
a0016346_20587100.jpg

自分は今日はのんびり小川山周辺散策。
お湯を沸かしてコーヒーをポットに詰める。
行動食のお菓子にーカップ麺にコンロ、カップ、ココア、パン。とかなりピクニック気分。
テントや荷物を撤収。
a0016346_2058327.jpg






カモシカ遊歩道入口 出発
12:00pm

※地図には「カモシカ遊歩道」と記載があるが、どうみても登山道だった。
そう思って歩いていると、登山道にある標識はいつのまにか
『カモシカ登山道』と名前を変えていた。


屋根岩方面ではなく、下の広場前からスタートしてみる。
下の広場トイレを少し過ぎたあたりに登山口看板あり。
いきなりの急登になる。
a0016346_20585520.jpg

ここから先は殆どが樹木や岩のマーキングのみになる。
枯葉で埋まった道は踏み跡が全く分からず、このマーキングのみが頼りとなった。
a0016346_20591271.jpg

葉が落ちた樹林帯は陽射しが気持ちいい。
最初から急登が続く。
a0016346_20592777.jpg

金峰山よりキツイ登りで高度をガンガン稼ぐ。
a0016346_20595357.jpg

何時の間にか高い場所に。周りの岩やサイコロ岩は小さく下に見えていた。
葉のなくなった木々の隙間から日が差し、常に小川山の岩場や山が隙間から見える。
高度感が常にあり、とても気分のいい道。
凄く気に入ってしまった。
a0016346_2104343.jpg

展望が開ける。岩の上から一望。黄葉の時期は最高だろうな。
a0016346_2111166.jpg

石楠花が生い茂り、腰を丸めて通過する道も沢山ある。
a0016346_211483.jpg

なかなか分岐は現れないなぁ。のんびり道探し&休憩しているからか?
道はどんどん登山道っぽさを増していく。
分岐を見過ごしてこれは小川山へ向かっているかも。
明らかに遊歩道ではないし、登山道だ。
もう少し歩いて何も無かったら引き返そう。
そう思った直後に看板が現れた。
「遊歩道」ではなく『登山道』になってます。。。
a0016346_2122138.jpg

ホッとして振り向くとロープ場。w
何かウケてしまった。登山道だね。やっぱり。
a0016346_2124989.jpg

その先も岩が続く。
a0016346_2135318.jpg

a0016346_2141729.jpg

a0016346_2144681.jpg

眺望はいいし。
a0016346_2151013.jpg

ワイルドな登山道ナイス。
a0016346_2153896.jpg

ハシゴや腐ったはしごの変わりに置かれた木など。
飽きる事の無い道が続く。金峰より眺望もあって楽しい。
a0016346_216552.jpg

a0016346_2162991.jpg

イワイワしていて眺めもいいので、大休止。
a0016346_2165823.jpg

岩の道は続く。
登山を始めた頃に来たら楽しいだろうなぁ。
a0016346_2172225.jpg


小川山との分岐にやっと到着。 1:50pm
2時間くらいかかった。(道を探したり、休憩をしたのもあるが)
ここから唐沢の滝まで18分
a0016346_2181267.jpg

分岐を過ぎると突然水が落ちる音が聞こえてくる。
音のする方へ導かれていく。
a0016346_2183889.jpg

唐沢の滝
そこにはひっそりと滝があった。
水量は少ないものの2段になった30mの滝を見て不思議と固まった。
a0016346_2191342.jpg

もう滝は凍り始めてる。
a0016346_2195843.jpg

まるでずっと誰も来ていないかのよう。
そういえば今日はまだ誰にも会っていない。誰も来そうにない。

ここから先は遊歩道と言う感じ。
今日は午後から時折雪がぱらつく。
こうして歩いていても息が白いのだから。
そういえば、今日は夕方から雪の予報だったな。

立派な岩が次から次へと現れる。
a0016346_21103081.jpg

このルートはまるで岩めぐり。
苔むした岩やそのままでもキレイな岩。
人が手を入れていないようない岩がたくさんあった。
a0016346_21105624.jpg

ずっとこうしているの?
誰も来ないここで、自分が来なかったらここはずーっと静かで
自分が立ち止まった時の音を刻むんだろう。
a0016346_2152357.jpg

大きな岩の中を通して最後は岩先へ水が滴る。
自然の姿なんだな。
a0016346_21112563.jpg

この先は広い樹林帯をひたすら、リボン目印に歩いていく。
これがなければ普通の人はたどり着くのは大変だと思う。
だだ広い。
a0016346_21122924.jpg

落ち葉絨毯の上を、木々を縫うように進んで行く。
葉の無い木々ばかりで空が広くなるこの季節。
セピア色に回りは岩山。まるで外国みたいに感じる。
a0016346_2113819.jpg

ナゾのケルンが続く沢があった。その先には何があるんだろう。
人が作ったケルンの先には人工的なモノ(ルート)があるのは目に見えているけれど。
a0016346_21132925.jpg

わたぼうし~ 気付くと沢山あった。
気付くとセピア色の中にふわふわも同化して一つの風景になってる。
a0016346_2113598.jpg

見たことある岩が見えた。そこには看板。分岐岩に到着。
a0016346_21141913.jpg

ダーと仲間達が居るかもしれないエリアをちょろちょろ偵察に行ったが居なかった。
一人のボルダラーが静かに岩をブラッシングしていた。
人気が全く無い場所の岩をウロウロして目が合ってなんだかきまづかった。

分岐岩から屋根岩へ向かう道。夏と全く違った雰囲気だ。
a0016346_21144368.jpg

人気が無く。静寂。
a0016346_21151131.jpg

降りの道も全く違っていた。
これが本当に同じ道なのか。
落ち葉ロードが最高。今年一番の落ち葉ロードがこんな所にあった。
a0016346_21163877.jpg


『カモシカ登山道』個人的にはお薦めです。
一人になりたい人には最適。何か心が詰まった時にはいいのでは。
岩好きならなお更いい。
トイレ前から滝までの登山道上部はまるで岩場中間のアプローチのよう。
変化に富んでいて決してワンパターンではない道でした。
道標は殆ど無く、マーキングやリボンが殆どです。


ウロウロ景色を楽しみながら
駐車場に到着。3:30pm
ダーは石楠花エリアへ行ったらしい。
4時には戻ると言ってたので車中で待つ。
外は強い木枯らしが吹き、寒さに外には居られない。
雪が時折ぱらつく。夕方からは本降りになるよう。
a0016346_21171192.jpg

駐車場には10台ほど車が残っているが、結局殆どの人が暗くなるまで戻ってこなかった。
「皆どうなってるんだw」と思う。寒さも増しているのに、時間が押すほど夢中になるらしい。
ヘッドランプを出して登る人も居たとか。日曜の日没なのに...シーズン終盤で夢中なんだろう。
ダーも漏れずその仲間。IJMさん、UCさんと充実した顔で帰ってきた。
エイハブに没頭していたFJKWさんも戻ってきた。
暗くなると帰ってくる。小学生時代を思い出す。
皆子供みたいな笑顔。自分の中の収穫を得た顔をしていた。

ダーは今日、1級を1撃したらしい。
悔しいけれど、今まで外ボルダーはやってなかっただけで、
登りはじめて登れるのは本来の実力なんだろうと思った。

ボルダリングって知らない人同士でも仲間意識が強い。
知らない他人同士が核心の、ある一点で一丸となり、行方を見守り応援する。
その応援が初対面だろうが友人だろうが関係なくとても熱い。
登れれば、見守った全員が拍手をくれ、笑顔と祝福の声を掛けてくれる。
登れなくても自然とスポッタ-なり、アドバイスをくれる。
ルートとは全く違ったあの一体感と熱っぽい空気。
あの雰囲気はなんだろう。
寒くても暖まるあの空間はいい。
a0016346_21174861.jpg


今回はFJKWさんと3人で帰った。
マット3枚と荷物。乗るもんだ。
FJKWさんは毎回あのマットを背負って電車、バス、徒歩で小川山まで来ている。
えらいな。

 *おまけ* 
今回はダーがずっと行きたがっていたお店に行ってきました。
焼肉&蕎麦のお店『ふじもと』
a0016346_211983.jpg

焼肉定食 ¥1300
a0016346_21193481.jpg

これはいける。肉好きなら行くでしょう。お肉大きい。
お蕎麦も食べてみたいけど。次ぎ行ってもまたお肉食べてしまいそう。
a0016346_21201188.jpg

人間大好きなニャンコがお出迎えしてくれます。
近づいて写真撮ろうとすると、こちらに寄ってきてしまう。人が好き。
a0016346_2121080.jpg

ホカホカストーブに暖まる君がいる。
a0016346_21204065.jpg

by kuchakucha | 2007-11-22 21:21 | yamaたび | Comments(18)
Commented by おすぎ家P子 at 2007-11-24 10:20 x
焼きたてのお菓子と暖かい珈琲を戴きながら、いつも読んでます。
kucyaさんのブログは今日みたいな小春日和のお茶タイムには欠かせませんね。一冊の詩集を読んでるみたいです。
「カモシカ登山道」いいですね。来年は私も歩いてみます。(滝は・・・登れるかなぁ?)
Commented by kuchakucha at 2007-11-25 13:33
◆おすぎ家P子さん♪
こんにちは~。今頃幕岩かなぁ。
きっとホカホカですねー。
つまらないブログ、読んでいただいてありがとうございます♪
手作りお菓子~是非今度味あわせてくださーい(>▽<)
「カモシカ登山道」ハイキングとしては静かでとっても良かったです。
でも...多分あそこに行ったら、ハイクなんてしてる暇はないですよね!
岩にまっすぐに向かっちゃいますよーw
滝。そろそろアイスの季節なんだなぁとハッとしましたw
Commented by てる at 2007-11-26 13:17 x
焼肉とネコのお店なんて!
ぜひ行ってみたいです~
あ、もちろん、小川山も。
でも、来年かな。
Commented by kuchakucha at 2007-11-26 23:42
◆てるちゃん♪
好きなもの。いけてる取り合わせです。
今週末が最後かもしれないので、来シーズンかな。
でも実はあと半年でまた小川山シーズンがやってくるので
そのときは是非一緒に行きましょうね~♪
焼肉、猫、焼肉、猫と交互に楽しみましょう~w
Commented by シリカゲル at 2007-11-28 01:27 x
B2復帰第二戦お疲れ様でした。焦らずに楽しんでください。
ソロ活動されているようですが、嫁入り後?の女性の一人歩きは大変危険です、気をつけてくださいね。(白馬に乗ったシリカゲル王子様が現れ、さらわれてしまいますよ。)
Commented by kuchakucha at 2007-11-28 13:01
◆シリカゲル王子♪
昨日もお疲れ様&ありがとうございました。
おかげさまで会話が楽しいので焦らずにリハビリできそうですよ~(^^)
また次回も遊んでください。w

えぇ~ソロは楽しいですが、危険も伴いますね。
クマも驚いて逃げる太腕とkazoooに言われていますので、
腕を出して力コブを出して対抗します。
シリカゲル王子か~♪なんだか想像したらかわいいな。
(想像とは、白馬にのって王子の格好をさせてみました。)
フフフ。
痛いブログにいつも遊びに来てくれてありがとうです(゚∀゚)
Commented by てる at 2007-11-29 21:03 x
うふふ、力コブですか。

私も、最近、筋トレの成果が出たらしく、
温泉一緒に入った人達に筋肉がついたと言われました。
つーか、なんで前の筋肉のついてない体を知っとんじゃってかんじ。
さりげなくみんな人の裸見てるの???
私は風呂ではメガネとってるので、人の顔さえも判別できないんだけど・・・

そういや、またkuchakuchaさんの夢を見ましたよ。
これは本物かもしれません。
ああ、どうしよう・・・
Commented by シリカゲル at 2007-11-30 02:03 x
私には、力コブ見せないで下さいね!(でもチョッピリ見てみたい、怖いもの見たさw。)
尚、ダーブログ参照願います。ここではご報告できない内容なので・・・
Commented by kuchakucha at 2007-11-30 12:46
◆てるちゃん♪
ふふ。そう力こぶです。
今度お風呂で見せてください♪
私は胸の筋肉も動きますよw
あ、でも最近登ってないから出来ないかも...
私は「見て、見て」とガッツポーズを無理矢理見せたりします。

キャ~また出演!? カズーは出てこないの?(カズーがっかり)
そうだわ。これはマジかも。ムフッ♪
(私の夢にはてるちゃんなかなか出てきてくれません。。。)
Commented by kuchakucha at 2007-11-30 12:53
◆シリカゲルさん♪
ふふ。いつでも力こぶならお見せしますよ。
目を丸くする人が多いです。
でも最近は筋力も落ちてると思うのでご期待に添えないかも...

みんな、お○○さんですね。
私もinB2で何かルート名考えよう♪
Commented by シリカゲル at 2007-12-02 21:25 x
よろちくお願いしまちゅ。でも痛くちないでくだちゃいネ!
Commented by kuchakucha at 2007-12-04 12:36
◆シリカゲルさん♪
いたく可愛がってあげますよ。
でも本当に最近は筋肉が落ちてきたみたいで、制服が緩くなりました...
Commented by きみ at 2008-05-05 10:01 x
はじめまして。戸台や金峰山など、行きなれた場所がたくさん出てくるのでとても楽しんでいます。私の場合は川がターゲットですが。。。
登山道で出会う方々がこういうことを楽しまれているのか、と新鮮でした。
Commented by kuchakucha at 2008-05-07 11:42
◆きみさん♪
こんにちは!はじめまして~(^^)
そうなんですか!秋は特に素晴らしい場所ですね。
小川山周辺は静かで。特に廻り目平からは人にほとんど会わなくて。
自分の求めている環境です!
きみさんはフライフィッシングなんですね。
廻り目平にもアングラーが結構いらっしゃいますよね。
去年は友人の子供が魚のスモークをいただいていました。
なんだかクライマーとアングラーのいい関係だなって思いました(^∀^)
Commented by nature21-plus at 2009-08-29 13:09
なんともなつかしい風景のオサシンで…。

「貸せ!!」って言われて断りきれなくて、先輩に貸したショイナードの『ゼロ』(ヒッコリーシャフトのバイルです。)を、この辺りでなくされてしまって…。あとで、自分で探しにいったことを思い出しました。ぐすん…

笛吹川の東沢で遊んだあとに小川山に合流したのですが…。

あっ!いや、30年前です。嫌なことだけ、しっかり覚えている自分に呆れ返りました。。(笑)
Commented by kuchakucha at 2009-08-31 09:25
◆nature21-plusさん♪
あ、ショイナードのバイルですか!
無くしてしまったのなら本当にもったいない~(;´Д`)
patagoniaの創設者ですよね。あぁ今ならレアモノですね!
最初にダブルアックスを考えた方だとか。すごい。
唐沢の滝は冬登れるのですよね。小川山ってアイスまでできていいですね。
Commented by nature21-plus at 2009-09-01 03:07
なくされました。あげくに弁償もしてくれないんです。
○○の、バカヤロー(小声です(笑))
でも、違うところでウィリッシュの穴開きヘッドを拾ったこともあります。(こちらも小声です。もう時効でしょうけど…(笑))
しかし、右手がショイナードで左手はハミングバードなんてめちゃくちゃな時代でした。です。(笑)

ところで、ひっそり人工壁を作ろうと考えていたら、ある保育園の子どもらにガバホールドの大半を巻き上げられてしまいました。しくしくです。(笑)
ありがとうございました。
Commented by kuchakucha at 2009-09-02 14:06
◆nature21-plusさん♪
あらら、弁償してもらえなかったのですね...(T□T)
無くす人あれば、拾う人ありですね!
その分いづれ自分にも戻ってくるのかもしれないですね。

保育園で人工壁を作るのでしょうか?
わぁそれって素晴らしいですね。
子供って何でもいいから登りたくて登りたくて仕方ないんですよ♪
まき上げられてもきっとnature21-plus さんもほころんでいるでしょうね!未来のクライマーが沢山生まれるのを楽しみにしています♪
<< 1日目 小川山ボルダー2007 19 国師ヶ岳~金峰山へ >>