3日目 北ア剱岳 八ツ峰上半&6峰フェースのたび。
■2006.08.08 3日目 ***八ツ峰6峰 Aフェース編***

熊の岩~6峰Aフェース魚津高ルート~八ツ峰上半~長次郎の頭~熊の岩
おはよ~。熊の岩はいいねぇ。よく眠れます。
4:00am起床。 
今日の用意をして出発です。テントの撤収がないので時間もかかりません。
出発前テントからの景色。
a0016346_1717130.jpg

隣のテントの方たちは今日下山だそうです。同じ頃に起きていました。
そしてまた今日のルートのことや、チンネ左稜線の話なども。
コピーものまでいただきました。本当に感謝です。
で、この方々も昨日はCフェースを登ったことをダーは思い出し、片方拾ったグローブ
のことを聞いてみるとなんと「落としました!」との事。
とても喜んでもらえたので、少し恩返しが出来たような気がしました。(ダーがねっ)
たまたま隣のテントでなんだか不思議な縁を感じました。



5:00am出発。モルゲンロート。八ツ峰を映し出す。
a0016346_1738392.jpg

15分ほどでAフェースの取り付きに到着。準備をして。
Aフェースは昨日のCフェースと比べ、壁が立ってます。
こちらのほうが難しいはずですよ。ドキドキします。でもワクワクもします。
(写真は昨日撮ったAフェース全容)
a0016346_18115833.jpg

魚津高ルート 3ピッチの短いルートですが。。。
凹角を登っていき、丁度ハング岩の下を右上するところ。
写真撮ってますが多分核心。
ダーはここで最初からガバっと右に体を出し右に折れて登っていった。
多分それが正しいムーブ。
自分は何故かハング岩の下のクラックに手を突っ込みハマル...
右上したくても荷物がハング岩にぶつかり身動きが出来なくなった...
こんな時ザック捨てたくなるよねぇ。雨蓋に色々入れすぎた事を後悔してももう遅い。
いきなり1P目からですかーと思いながらも荷物をぐりぐり、してなんとか右に脱する。
右足がガバっと出せればあとは上れるよ。よかった。本当にⅢ級ですか?と思った。
明らかに昨日のCフェースとは違うようですよー。
a0016346_18141310.jpg

さらにその上。
a0016346_18144167.jpg

多分凹角部。傾斜がキツイと荷物が重く感じるなぁ。
a0016346_18161299.jpg

2P目
右側に登ってしまい、ホールドが乏しくなる。あれ~?Ⅲ級だよねぇ?厳しくない?
と思って登るとそこには隣の”中大ルート”ビレイ点がっ。(笑) 
本当は左のカンテ通しに行くらしい。
a0016346_1821633.jpg

上から見たこの写真の右側カンテ通しが本来のルート。
あーびっくりした。二人で笑う。これⅢ級だったらどうしようかと思ったよ。
a0016346_18235997.jpg

気を取り直して左にルートをとる。あとは快適に。
カンテは体が空中にある感じがとてもして、やや興奮。
a0016346_18264871.jpg

自分があのAフェースの角にくっ付いてるんだなぁって思った。
a0016346_18272627.jpg

1,2Pははまったり、間違えたりと昨日みたいな余裕がなくってダーの写真あまり無いね。
ごめんよ。
3P目 最終ピッチ正直憶えてないんです。
一度違うビレイ点で切ってしまい、4ピッチになっちゃったんだよなぁ。
a0016346_183055100.jpg

そしてAフェースの頭に到着です。眺め。
a0016346_18313070.jpg

このまま時間も何とかなりそうなので
八ツ峰上半に突入です。あ、Aフェースって一番下5,6のコルまで一旦降りないと
いけないんだねぇ。
本来はCフェースを登り、Cフェース頭から八ツ峰上半に繋ぐと短縮できるようですね。
5,6のコルまで懸垂で。人生山あり谷ありか。
a0016346_1835423.jpg

5,6のコルで靴を履き替え、上半縦走の準備。とそこに大学生集団が。
6,7人居るように見えました。ダーはすかさず会話してましたよ。
「右股は良くないよ」と教えてあげたけれど流されてしまった。
大学では夏に毎年八ツ峰に来るらしいが、今年はちょっと雪の状態が違います。
彼らは例年通りの行動で行くらしいです。もっと臨機応変にすればいいのになぁって思った。

***八ツ峰 上半縦走編 へ続きます***
by kuchakucha | 2006-08-11 17:29 | アルパインとか | Comments(2)
Commented by nook1014 at 2006-08-12 06:56
朝陽に写された八ツ峰が綺麗です!
Ⅲ級ルートとタカをくくって臨んでいるとルートを間違って
難しくしがちなんですよねぇ~~。 儂もよくやります。
でも・・・敢えて難しいルートを選んで登るのも楽しいかも・・・?
んな訳はないですね。 あはは。 
カンテはおっしゃられる通り、空中に身体がある感じで気持ちが
良いです。 そんな時に自分があのAフェースに張り付いているんだな・・・って
思えるなんて凄く余裕ですねぇ~~さっすがぁ~~♪ 
雨蓋に荷物を入れすぎた・・・ってところ笑えましたぁ~♪ 
Aフェース頭からの眺めも最高です! 抜けた青空が綺麗。
Commented by kuchakucha at 2006-08-14 13:56
◆信さん(^^)
おーありがとうです。八ツ峰の影わかりましたね~♪よかったです。
そうなんですよね、仰る通りですよ。
私は難しい方を選ぶ余裕なんて無いですねぇ。(笑)
ほんとーにほんとーに易しいところだけアレンジですよ。(^^;
余裕?いえいえ、セカンドだからなんです。リードしなくちゃなんですよね。
ダーリードばかりなのでロープもキンクしやすくなってしまうようです。
が、頑張ります~(T-T)
<< 3日目 北ア剱岳 八ツ峰上半&... 2日目 北ア剱岳 八ツ峰上半&... >>