至仏山&燧ケ岳へ ~尾瀬再び~ 1日目
今回の本題は至仏山と燧ケ岳です。
夏休みを前にトレーニングも兼ねて行ってきました。

昼の黄色い絨毯と尾瀬の夕暮れ、あさつゆ色。
山と湿原のお花、両方味わえるなんていいじゃないですか。
でも欲張ると疲れますね...
a0016346_23125886.jpg

ニッコウキスゲはまさに最盛期
a0016346_22391689.jpg


2006.07.22~23
■1日目 戸倉P~鳩待峠~至仏山~山の鼻~見晴キャンプ場(泊)
お天気は直前までころころ変わってましたね。でも!
今日はなんだか良さそう。



駐車場から出発です。1泊のテント装備ですが、テントをダーに持ってもらうと
あら36Lザックで余裕です。 すいません、体力の違いって事ですので...
ロープやら登攀具が無いと本当荷物って少ない事を実感します。
(あれ、それじゃトレーニングにならない)
a0016346_22483294.jpg

鳩待峠の至仏山登山口から出発です。快晴 9:00am
a0016346_22505273.jpg

ここからの登りはとても緩やかで登りやすいですね。歩きやすい。
でも熊はでそう。
a0016346_22534851.jpg

整備された木の階段。
a0016346_22565660.jpg

ところが、途中からは連日の雨もあり、ぐちゃぐちゃロードに。
(でも次の日にはもっと凄いぐちゃぐちゃロードがっ...)
a0016346_22531127.jpg

そしてびしょびしょロードへ...雨の影響でしょうか。
a0016346_22582965.jpg

水がジャージャーと登山道を流れています。
a0016346_22585979.jpg

そして、小湿原
a0016346_2363840.jpg

その先にはベンチテラスがあり、展望が開けてお花も沢山。
ハッチ?
a0016346_2374861.jpg

チングルマのお花も
a0016346_239666.jpg

フワフワの実も両方あった
a0016346_23101558.jpg

イワカガミ
a0016346_2393212.jpg

オゼソウ
a0016346_23181499.jpg

良いお天気。小至仏はもうすぐかな。
a0016346_23191934.jpg

ハクサンイチゲとハッチ ハッチはこのお花が好きみたい。
a0016346_23213328.jpg

小さなちいさな、ホソバツメクサ
a0016346_2323246.jpg

小至仏を通過して
a0016346_2324167.jpg

至仏山を作っている蛇紋岩の岩肌が沢山見えてきたらもうすぐ
a0016346_2338436.jpg

山頂 11:40am お昼を食べて一休み。30分ほどで山の鼻へ向けて下山開始。
a0016346_23401110.jpg

ひたすら続く木の階段。時折雲が出てきて何処かへ続いてしまいそう。。。
a0016346_23394454.jpg

「階段って楽だよね~」なんて最初だけ。長くて疲れますね。
雲が晴れたら空の階段。
a0016346_23422227.jpg

正面にこんな景色が広がって。
a0016346_2343943.jpg

雪が着いてるみたいに薄っすら白い ミネウスユキソウ
a0016346_23442375.jpg

至仏山系のみで見られるお花 タカネシオガマ
a0016346_23492481.jpg

これも至仏系 これから咲くのかな。 イブキジャコウソウ
a0016346_23524252.jpg

整備されているのは途中まで。あとは雨でのぬかるみと岩。
この蛇紋岩、濡れると滑るので有名なようですね。もう本当につるつる。
a0016346_23554831.jpg

さらに下に行くに従って水がじゃーじゃーですね。
a0016346_23533432.jpg

登山道も川。足首まであったり。とにかくツルツル~しまくり。
a0016346_23563219.jpg

やっと木道が出てきてもこちらもコケコケにより下りではもうツルッツル~!
まだまだ油断できません。横木を確り踏んで。
a0016346_2358822.jpg

やった~ツルツルをついに脱出!もーツルツルは嫌だよ。
a0016346_23591876.jpg

2週間ぶりにまた来た尾瀬ヶ原。ワタスゲはまだまだあります。
今回は晴れているのでふわっふわだね。
a0016346_045513.jpg

ふわふわをもっとよく見るために近くに寄ってみるよ。
a0016346_052074.jpg

2:15pm 山の鼻 ジェラートなど食してひと休み。 
今日のキャンプ地 見晴キャンプ場目指してもう少し頑張ろう~。
あとはキレイな湿原があるだけだよ。
a0016346_075819.jpg

カキツバタは前回よりももっと沢山
a0016346_05392.jpg

2週間前は咲いてなかったヒツジグサのお花
a0016346_084429.jpg

イモリくんは今回も沢山姿を見せてくれました。可愛い。
a0016346_094069.jpg

湿原ぽくって、好きな景色だなぁ。ヤマドリゼンマイ
a0016346_0103496.jpg

そして、ニッコウキスゲがっ。遠くから向こうが黄色いのが分かるんですよね。
竜宮小屋の手前くらいからがキスゲゾーン。
a0016346_013710.jpg

4:30pm やっと見晴キャンプ場に到着。疲れちゃったなぁ。
燧小屋にて受付を済ませ、ぱっと設営完了。
今回新調したIBSのテント。予想以上にいいです。トレックライズよりいいですね。
少しだけ天井が高いので居住性もかなりいいんです。この少しがポイントなのかも。
フライも長くてしっかり下まであります。これは見た目が良いだけでなく、
豪雨にも強いですよね。
ポールもあのMOSSテントと同じメーカーです。少々重くなりますが、信頼性大です。
*で、今までの軽量テント「ライペン トレックライズ」ですが、
 度重なる使用と悪天候によりかなりヤバイ状態でした。強風でポール曲がり、
 ポールなら変えられるのですが、本体扉部は何度直しても強風でびりびりと...
 今後の縦走中などに突然壊れる可能性有り。
 長期縦走の場合はマズイと言う事で今回買いました。
a0016346_0202028.jpg

その後弥四郎小屋前のテーブルで生ビール。今日の”疲れたね”を笑う。
”ツルツルした岩”を笑いながら、ラーメンで締めでしょう。
日が暮れていくよ。湿原の景色を目の前に眺めながら。
a0016346_0265414.jpg

明日は燧ケ岳だよ。尾瀬3度目にしてやっと、尾瀬沼に会えるんだね。
a0016346_0255690.jpg

眠さに耐えられず8:00pmおやすみ。
気候は過ごしやすく、寝袋を上から掛けるだけで丁度良かった。
by kuchakucha | 2006-07-24 23:15 | yamaたび | Comments(5)
Commented by nook1014 at 2006-07-25 06:51
うっひょぉ~~♪ この梅雨のあいまに山行できて良いですねぇ~!
しかし・・・しょっぱなから登攀具なしの軽いザックでのトレーニング?
って突っ込みが可笑しいです。 
綺麗な花、ニッコウキスゲだらけの写真やハッチ空の階段などなど、
今回も楽しませて頂きまして有り難うございます。
この長雨の影響で登山道も凄い様子で、下りのツルツルも危険っぽく
お疲れ様でした。 
新調されたテントは快適そうですねぇ~。  2日目も楽しみにしています
Commented at 2006-07-25 23:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiroshige.m at 2006-07-26 00:02
前回に引き続きの尾瀬でしたか!
花の写真満載で癒されました~

以前行ったときは至仏山が登山禁止だったので、
燧ケ岳(東北地域最高峰だっけ?)しか登れませんでした… 
まないた?には行きましたよ~
Commented by kuchakucha at 2006-07-26 23:44
◆nobuさん。こんばんはっ。
いえいえ、こちらこそそんな風に楽しんで!?観ていただいて
ありがとうござます♪
トレーニング山行にも”軽量化”を意識してみました(笑) (^^;
軽くても十分疲れましたが...

お天気、本当に梅雨の晴れ間って感じでしたねぇ。
雨を覚悟だったのですが、晴れてくれて本当に良かったです。
雨だったりしたら至仏の下りはかな~りやばかったと思います。
newテントはなかなかですよっ。この夏もこれからも
共に旅をする予定です(^^)

Commented by kuchakucha at 2006-07-26 23:48
◆hiroshige.mさん、こんばんは~っ。
そうなんですよぉ。今度は欲張って山とお花両方コースです(^^)
至仏と湿原の動植物たちに癒されました~♪
でも疲れたものは疲れたですけどねっ(笑)
おー燧ケ岳は東北地域最高峰?!なのですかっ。
そうかもですね。あちらは標高が高くなくても十分厳しい山が
多いですよね。そうそう、燧ケ岳の2つあるピークって
オモシロイ名前ですよね(^^;
<< 至仏山&燧ケ岳へ ~尾瀬再び~... 尾瀬のとんぼ >>