2日目 秋の涸沢カールへ。 2005
■2日目
凄い雨の音と風に揺られ、あまり眠れないまま朝に。
外をみても視界が悪い。
残念ながら北尾根はお預けのようです。
っていうかこの天気、くだるだけでも嫌な感じがしてます...
a0016346_20121162.jpg





ちょっとするともうここまで真っ白。
a0016346_2013187.jpg

堪忍して身支度を整え、テントを撤収。
雨の中のテント撤収って大変ですよね。びしょびしょ。
こんな時、あのエスパースレンタル常設テントだったならとても楽なのに...
とか考えちゃいます。
a0016346_20204385.jpg

am9:00出発。
さよなら涸沢カール。結局穂高は一度も望めなかった。
a0016346_20184816.jpg

今日は連休初日でこんなお天気なのに登ってくる人がとても多い。
挨拶をしても皆さんレインウエアに落ちる雨音で聞こえないようで、
あまりに無視が続くのでやめました。もちろん挨拶してくれる人もたまに居ますよ。
しかもなぜ??かカサを差している人が多かったです。
普通の山ではあまり見られない光景ですよね。それゆえマナーの悪さも目立ちました。

本谷橋の少し先。
普段は水も無い、涸れた小さな沢なのですが、昨夜からの大雨で水が。
結構な水量で登ってくるおば様集団必死です。
でも渉ってみると普通に歩けるくらいでした。でもこの後も土砂降りは続いたので
どんどん水量は増えていったと思います。
a0016346_20422190.jpg

屏風岩。これも普段は見られない滝ができていてとても幻想的。
皆さん足を止めて写真を撮ってました。
こんな土砂降りでも唯一、雨でよかった事がこれです。
そうそう、この後落雷がありビビリました。近かったです。
雷が怖いダーは急に早足に...
a0016346_20445363.jpg


*途中で、昨日タクシーを相乗りしたご夫婦とばったり。
 レインウエアも着ているので私は全くわからなかったのですが、
 ダーってまた覚えていて声を掛けていました。
 昨日は奥様が疲れて横尾に泊まったらしく、今日涸沢に入り明日は最高の天気の
 涸沢を満喫すると言っていました...そう、明日は晴天なのですよね。ガクシ。

*そういえば、昨日もすれ違いに記憶にあるひとに声を掛けていました。
 その人とは冬の赤岳鉱泉で出会い、翌GWの涸沢で再会し、今年GWの涸沢で見かけ、
 なんと4回目の再会です。凄い偶然なのか、ダーが顔覚えすぎなのか...

横尾。ダーの靴はゴアですが浸水したらしいです。
靴の中がグショグショしながら歩いてます。しかも、レインウエアは撥水せず、
それゆえに透湿性が失われ中はビショ。寒そぅでした。
レインウエアのお手入れは毎回したほうがいいですね。
アイロン掛けたり、コインランドリーで乾燥機掛けたりしてるんですが
古いので生地もだいぶ痛んできています。これは帰ってニクワックスするしかないですね。
a0016346_205277.jpg

梓川の普段の美しさはありません。
この後上高地に近づくにつれ、梓川はまっ茶色の濁流に変わってゆきました。
a0016346_21163753.jpg

横尾から先はあまりの土砂降りにカメラをしまうことにしました。
出すだけでびっしょびっしょ。ん~やっぱり機能よりも防水性?!
横尾でも涸沢を目指す沢山の人たちが居ました。
涸沢までこれから3時間トイレが無いので長蛇の列。
皆さんレインウエアなので時間もかかるんでしょうね。

徳沢園ではお昼を食べました。
お昼時超混雑。ほとんどがのぼりの人です。
混んでいていやだったのですが、おなかぺこぺこ、しかも一度も休憩してないので
空いてる席を見つけてお昼にしました。
全身びしょびしょで寒かったので、徳沢園のカレーそばは温まりました。
ダーは毎回お気に入りの「野沢菜チャーハン。スープ付き」
これはごま油効いていて確かにおいしいです。徳沢園って色々おいしいですよね。

普段は歩きやすい平らな道も雨になると平らなので水溜りばかりになります。
皆さんいい登山靴履いているのですが水溜りには入りたくないようですね。よけてます。
でも水溜りが道幅全部だったりして素直に真ん中歩いたほうが良かったりします。
一番深い水溜りは足首までありましたよ。

上高地に着くとまたまた人だかり。
ツアー客が沢山あふれていました。自分達はレインウエアを脱ぎ、
観光客ばかりのバスへ。浮いてます。

帰りは渋滞の無い中央道をひた走りかえります。雨は降り続いてます。
諏訪湖SAで「わかさぎ丼」食べてみました。
はらわたの臭いが少しするけれど、さくさくでおいしかった。
a0016346_0472885.jpg


秋の涸沢2005 秋の涸沢はまだ3度目ですが、一番綺麗だった。
でもお天気は一番悪く、気温は一番高かったかな。
晴れの特異日のはずなんですけどね。

次はもっともっと、おわんの中でゆっくりしたい。
by kuchakucha | 2005-10-13 20:22 | yamaたび | Comments(6)
Commented by nidnigthrainbow at 2005-10-14 07:56 x
ゴアのシューズって濡れると始末が悪いですよね、僕の仲間はゴアはNGです^^;逆に濡れやすいシューズは、乾きやすい♪晴れれば30分で快適!湿気の多い日本の気候に、本来ゴアは使いにくいんですよね。
防水ソックスを雨の日だけ履くってのも、結構具合いいですよ。中央稜行ってきました♪
Commented by Pocket-Rocket at 2005-10-14 16:27 x
こんにちは、お久しぶりです。
「おわんの中でゆっくり」とは言い得て妙ですね。私たちも紅葉の色づく秋の「おわん」に惹かれて、00.01.02年と毎年のように足を運んでいました。正確に言えば、おわんの中で深まりゆく紅葉を愛でつつ、ビール片手におでんを食べたくて足を運んでいたのかもしれません。
 例によってセンスあふれる写真の数々、楽しく拝見させていただきました。蒸し暑い夏などは、小雨程度ならカサをさしたほうが快適ですけど、レインウェアを着用しているのにカサもさすというのは、完全武装って感じで、確かに「??」ですね。でも楽しそう。
ではまた、おりふしの更新を楽しみにしております。
Commented by kuchakucha at 2005-10-16 11:16
◆midnigthrainbowさん。こんにちは。
今週末はお天気良くないですね。わたしは風邪をひいてしまったようで、
丁度よかったかもしれません。

速乾性のモントレイルのシューズは夏はいいかもしれないですねー。
今年は二人とも買ったんですよ。
でももうこの季節は浸水すると寒いですね。
ゴアの靴下!それはいい案です。昔ツーリングで使っていたので
どこにしまったかな?探し出してみようと思います。
(昔からバイクに乗ると雨が降る事が多いんですよね)
Commented by kuchakucha at 2005-10-16 11:20
◆Pocket-Rocketさん。こんにちは。
ありがとうございます♪いいですよねー。紅葉と穂高とビールとおでん!
本当、初日はそれを思いながら登ってますよ~(笑)
涸沢はPocket-Rocket さんとちょうどすれ違いなんですね。
私たちは03,04,05年と行っていますので残念です。

レインウエアに傘って夏以外では不思議ですよね(^^;
本当に多かったんですよ。
いろいろな人が来るんですね。涸沢って。
Commented by denden901 at 2005-10-24 20:37 x
初めまして、dendne901と申します。実は、10月8日に涸沢から5,6のコル経由で北尾根をとおり、前穂、岳沢へと下りました。3峰に取り着く頃から、雨足が速くなり、3峰の1ピッチ目で雷が真横で2発なり驚きました。3人のパーティーだったので結構時間がかかりましたが、初めての北尾根を登れました。後から、貴方のブログで大変な天気だったことを知り驚きました。何時も楽しみに拝見させていただいております。これからも宜しく。
Commented by kuchakucha at 2005-10-24 22:08
◆ denden901 さん。はじめまして。いらっしゃいませ。
なんとあの8日の荒天の中、北尾根に取り付いていた方がいらっしゃったのですね。驚きです。雷!怖く無かったですか?
我が家のダーは雷が大嫌いです(笑)
山の上はお天気が違ったのかな??
いや、それにしても凄いですねっ。
<< 秋 北八ヶ岳 2005 1日目 1日目 秋の涸沢カールへ。 2005 >>