感謝
クライミングから遠ざかっていますが、情熱は失っていませんよ。


ジムにやってきた彼は最初はチャラい人なのかと思った。
でもそうじゃなかった。

ランジばかりの課題に何度も文句を言っても、寒い小川山でさかなクンに声が似てると言っても、
全て笑顔で返してくれた。

かずうが怪我をした時も、病院に問い合わせ、迅速に動いてくれた。
私より全然若いのに、その時はとても店長らしく、大きく見えた。
まだ付き合いの浅かった私はその時、やっとそうじゃないってわかった。
その後も一人で通う私に、かずうを心配する言葉掛けてくれていた。

通えなくなり、月会員を退会する時も、またいつでも戻ってこれるようにと手回ししてくれた。
なのに、なかなか戻れなくてごめんなさい。
そして、ありがとう。

あなたを忘れない。
a0016346_11265069.jpg

by kuchakucha | 2012-06-26 00:04 | 日常で。 | Comments(4)
Commented by みい at 2012-06-27 23:56 x
さかなくん事件の時、おもしろかったね〜。
もしタイムマシーンができて、好きな日に戻れるなら 私はあの日を選びます。
Commented by kuchakucha at 2012-06-28 14:15
◆みいちゃん♪
あの日、思い出すね。
さすがにさかなクンは怒るだろうと思ったけど、怒らなかった。
すごく寒かったけど、楽しいメンバー勢ぞろいでシュラフコタツ、暖かだったよね。
写真残ってるよー。

戻れたなら、かずうの穴社長完登シーンももう一度、
ちゃんと応援して見れるかもだね!
Commented by ミクロマソ at 2012-06-30 12:03 x
オレも行きます!乗せてくだせー
みいちゃん自家用タイムマシーン買いなよ!
Commented by kuchakucha at 2012-06-30 23:38
◆ミクロマソさま♪
あ、是非私も乗せてちょうだい!
みいちゃん、買いなよ!
私もあの日にもう一度行きたい。
<< ハーフバースデー テーブルから >>