2日目 北アルプス 白馬岳へ。
うわー。あまり寝た気はしません。強風と雨にバチバチとテントが打たれ続けます。
我が家MSRテントはもちろん動じません。安心していられるのですが、
雨の音がうるさい~。しかしこれもテントの醍醐味かな。見なくても雨量が音でわかります。

おっ!朝食と荷造りを済ませ外に出てびっくりです。
周りのテントは大変なことに。拉げているテントや、空に飛んで行ってしまいそうなテント。
a0016346_21132664.jpg

大丈夫でしょうか...

今回はMSRのテントがとても逞しく感じました。ありがとー。
君のおかげでテント内で煮炊きして朝からご飯も食べれました。
(多分周りのテント内では火を使うのは厳しかったと思います。)
a0016346_21181778.jpg

あ、ポールが折れると大変です!中の人は大丈夫でしょうか?

強風と雨の中、撤収。(テントが飛ばされないように大変でした)
悪天候に負けずに白馬岳山頂を目指すことにしました。
ここから30分くらいです。頑張るぞ~
それにしても凄い風です。ザックが風で持て行かれちゃう感じです。
a0016346_21232959.jpg

この天候の中、振り返る。登っている人はとても少ない。登っている人達皆頑張れー!
a0016346_2125235.jpg

白馬岳山頂です。でも何も見えず、風は強く、思うように歩き回れません。
a0016346_21293270.jpg

よーし予定通り、白馬大池を目指します。
a0016346_2131720.jpg

途中で10センチほどの大きな「なめくじ?」を発見!大きすぎるよー。
(写真はぼけてしまいましたが、角がちゃんと2本あったので、みみずじゃないですよね。)
a0016346_21322226.jpg

時々雲が晴れて一瞬紅葉が見えます!あわてて写真撮影。
でもすぐまた雲で隠れてしまいます。チャンスの度に大慌てです。
a0016346_2136717.jpg

やったー青空が顔を出すようになりました!
a0016346_21385177.jpg

雨は止んだのですが、風はまだ強めです。男性に支えられながら歩く女性を発見。
a0016346_2140451.jpg

小蓮華山頂に到着!すっかり青空が見えています。
a0016346_21435883.jpg

負けずに来て良かったね。
a0016346_21443416.jpg

池は見えても実はまだ先は長いです~。でも気分のいい稜線を行きます。
a0016346_21471251.jpg

白馬大池到着。池の周りはすでに紅葉がはじまり、とってもいい感じになっています。
このテント場はいいですねー。
a0016346_2149304.jpg

名残惜しくも池を後にします。
a0016346_21505792.jpg

乗鞍岳山頂。っていうか丘?だだっ広いですね。観光ハイキング風の人たちが結構います。
a0016346_21533516.jpg

a0016346_21545652.jpg

はるか下に湿原の木道が見えます。降りなくては。遠いな~。
下りは岩場です。ごろごろ大きな岩をテンテケとリズム良く降りますが、足にきます。
a0016346_21571816.jpg
今回初めて履いたCW-X効果?膝の痛みはいつもより少なかったかもしれません。

ビジターセンターに着いた時には二人して観光客の中で目立っていました。
負けずに食堂に入り生ビール&おでんで乾杯!おいしかった~。
帰り際にお店のおトイレ行こうと思ったのですが、なんと「ここからはスリッパになってください」の掲示板これは明らかに"登山者返し"あきらめて外に。
この店よりも隣(ロープウエー側)のお店の方が登山者を歓迎してくれるようでした。
隣のお店には山の写真も飾ってあります。失敗しました。次来ることあったら絶対隣!

ロープウエー&ゴンドラで降ります。片道大人1750円。
なんと体重計が置いてあり、10kg以上の荷物は300円。
券売り場係りの人に言われても、
ダーは「さーどうでしょう」とシラを切るのですが、「それはーお客さん見た目十分ありますね」
はい...
a0016346_225618.jpg


なんとか今回も無事終了。1日目のガスガス、2日目白馬岳山頂何も見えず。
でも無事に帰ってこれてなんだか充実しています。よかった。
by kuchakucha | 2004-09-21 22:04 | yamaたび | Comments(8)
Commented by hiroshige.m at 2004-09-21 23:07
白馬は吹かれて、晴れて… 印象的ですね!
なんか面白いことや、トラブルがあった方が心に残ります。
モンベルのテントじゃもたないかなぁ
アダム?イヴ?乗りましたよ~
Commented by kuchakucha at 2004-09-22 22:11
■hiroshige.mさん。こんばんは。
その通りですね。悪天候など何かあると心に残りますよね!
でもそれは無事に下山したときに思うのでしょうね。
モンベルテント、近くに2張ありました。実はかなり拉げてましたよっ。
でも、普段なら何も問題ないですよね。
ポールが折れてしまったGORELIGHTに比べれば拉げた方がいいと思います。変形はするけれど折れないですよね。
今後もぜひ、どんどん山行きましょう~!
Commented by hiroshige.m at 2004-09-23 18:18
kuchakuchaさん達ご夫婦に刺激され、
久しぶりにテントを担いで山に行って来ました。
こちらも天候が不順で、おまけに寂しくて…苦労しました。
Commented by kuchakucha at 2004-09-23 22:40
■hiroshige.mさん。こんばんはー!
拝見しましたよ~!とても楽しそうでしたね。単独山行を満喫している様子がとても伝わってきました。色々あるけれど、テントっていいですよね。
私達もいよいよ土曜から涸沢カールに行ってきます。もちろん3泊ほどして穂高連峰をウロウロする予定ですー。
これからもお互い頑張りましょうね。無事を祈りつつです。
*そうそう、イヴでしたねっ。(^^;)シシッ。
Commented by hiroshige.m at 2004-09-23 23:45
今週は涸沢ですか…
紅葉はいかがでしょうか?ヤマケイJOYに紅葉の特集がありましたが、
涸沢は美しいですね~ いい写真が撮れる事を祈念しています。
Commented by kuchakucha at 2004-09-24 21:44
■hiroshige.mさん。こんばんは~。
ありがとうございます。紅葉、楽しみです。
去年はいまいちだったらしいのですが、初めて言ったのでよくわかりませんでした。今年きっと感動するのかなぁ~。
Commented by rukjpk at 2004-09-28 00:08
更に北の雪倉岳方面は見えましたか?
そっち方面の柔らかな稜線が30才近くになった時にたまらなく
好きになりました。黒部五郎岳から太郎平辺りの稜線もそんな雰囲気で
とても良かったです。
Commented by kuchakucha at 2004-09-30 20:53
rukjpkさん。こんばんはー。
雪倉岳ですか。すいません。もっと勉強しておきます...
先日、涸沢へ行った時に、ごつごつした険しい男性的な穂高岳とは対象に向かい側に見える大天井、燕岳方面の山々。その滑らかな稜線が私も好きです。
夏に行った笠ヶ岳~槍ヶ岳への縦走。
柔らかで穏やかで綺麗な笠ヶ岳~双六岳。見とれてしまう風景ばかり。
双六から槍ヶ岳へ向かうにつれ、険しい緊張する山へと変わっていきました。今思うとその変化がとても面白かったです。
<< いきなり涸沢カールの朝から。 1日目 北アルプス 白馬岳へ。 >>